トップページ > きらママ探検隊 > きらママ探検隊vol.21

きらママ探検隊vol.21

  
子どもの成長や家族旅行など、これからの季節、増えていく写真を大切な思い出として保存しておきたい、というママにおすすめしたいのが「スクラップブッキング」です。
誰でも楽しみながらできるステキな写真の保存方法を、インストラクターの島袋先生に教えていただきました。
   

スクラップブッキングは写真を使ったクラフト

スクラップブッキングとは、アメリカで生まれた、写真を使った紙工作のこと。写真を台紙に貼って、そのまわりを思い思いに飾ったり、メッセージを添えたりするもので、アメリカではとても人気があるんですよ。お気に入りの写真を作品としてキレイに残すことができるのが魅力で、お子さんと一緒に作れば、いろいろなお話をしながら、楽しく思い出を振り返ることもできます。

  

お部屋のインテリアやプレゼントにもピッタリ

作り方はとても簡単。かわいいペーパーを切り抜いて貼ったり、花のパーツなどを飾って立体的にしたり。難しいルールはなく、自由に楽しく作ることが一番です。お子さんの写真で作れば、お部屋のインテリアにもなりますし、友だちに写真を渡すときもスクラップブッキングにすれば、オリジナルのプレゼントに。ぜひ、ご家族やママ友と一緒に挑戦してみてくださいね。

きらママ探検隊vol.21
  

きらママ探検隊vol.21

きらママ探検隊vol.21きらママ探検隊初めて挑戦しましたが、飾りつけがとても楽しく、我ながらステキな作品に仕上がりました。それと、酸が含まれていないのりは、写真を傷めないんですね。そういえば酸といえば…酸性雨は森を枯らすため、環境問題の一つとされていますよね。車や工場の排気ガス、石炭やLNGといった化石燃料の燃焼などが発生の原因だそう。化石燃料を燃やして電気をつくっている火力発電所では、特別な装置を付けて、発生量を少なくするなど、対策をしているそうです。でも、やはり電気のムダ使いはしないよう心掛けたいですね。

きらママ探検隊vol.21