トップページ > きらママ探検隊 > きらママ探検隊vol.13

きらママ探検隊vol.13

  
夏休み、どこへ行こう?とお悩み中のママたちのために、きらママ探検隊では、無料で遊べるスポットを大調査。
夏のレジャーの定番「海水浴」と、その周辺で「親子で楽しく遊べる施設」を見に行ってきました。
   

きらママ探検隊vol.13
風車のあるビーチとして静岡県内で知られる「マリンパーク御前崎」。海水浴のほか、道具を借りて手軽にマリンスポーツも楽しめます。キッズ広場にある全長51mの滑り台も、ちびっ子に大人気です。
おみやげを買うなら、マリンパークのお隣の「なぶら市場」へ。御前崎港に水揚げされた海産物や、ご当地ならではのお菓子が手に入りますよ。

きらママ探検隊vol.13
遊びながらエネルギーを学べ、たっぷり1日過ごせます!

きらママ探検隊vol.13海水浴場に近くて、親子で遊べる施設ということで訪れた「浜岡原子力館」。館内には、エネルギーや発電の仕組み、また話題の新エネルギーについて、子どもがさわったり、動かしたりと遊びながら学べる展示がいっぱい!大迫力の映像が1日に数回上映されるジャンボスクリーン「オムニマックスシアター」や、館外には軽食も売っている売店や、お弁当を食べるスペースもあり、親子でたっぷり1日楽しめる施設でした

実物大の防波壁にビックリ!

きらママ探検隊vol.13中でも一番驚いたのが、実物大の原子炉模型と防波壁模型。特に、現在、発電所の構内で建設が進められている防波壁は、なんと高さが海抜22m。しかも、地下10~30mまで、多くの太い鉄筋の入ったコンクリートの壁が基礎として埋められているそうで、実際の防波壁のスケールを体感することができました。
また、海抜62mの展望台からは、発電所の構内や防波壁などの工事の様子が望め、晴れた日には富士山や遠州灘も見えるそうです。

大人も感じる施設!

きらママ探検隊vol.13いろいろなコーナーを見学する中で、あらためて考えたのは、日本のエネルギーのこと。子どもたちの未来を思うと、限られた資源の有効利用の大切さを感じました。
また、日本には資源がほとんどなく、燃料を海外から輸入しながら、多くのプロセスを経て家庭に電気が届けられていることも知りました。

    
     

    

きらママ探検隊vol.13title_kiramama11c初めて浜岡原子力館を訪問しましたが、想像以上に楽しい施設でビックリ。これなら親子でゆっくり遊べます。来て見て初めてわかることも多く、津波対策や発電の仕組みなども、勉強になりました。夏休みには、家族みんなで遊びに来ます!

きらママ探検隊vol.13

きらママ探検隊vol.13
開館時間:9時~17時
休館日:毎月第3月曜日(祝日・振替休日の場合は翌日)、年末年始(12月29日~1月3日)
※8月は休館日なし ※悪天候等により臨時休館の可能性があります。
※ベビーカーの無料貸し出しもあります。
http://www.chuden.co.jp/hamaoka-pr/
〒437-1695 静岡県御前崎市佐倉5561 TEL:0537-85-2424

きらママ探検隊vol.13
http://www.omaezaki.gr.jp/
御前崎市観光協会 TEL 0548-63-2001

きらママ探検隊vol.13
http://nabula.jp/
御前崎海鮮なぶら市場 TEL 0548-63-6789